トップページ > シンポジウム > グローバルシンポジウム2013inマイアミ

BIOHORIZONS Global Symposium 2012 in マイアミ

Solutions to Clinical
Controversies
2013年4月25日〜27日
マイアミビーチ(フロリダ州)
フォンテンブロー・マイアミビーチホテル

バイオホライズンズ グローバルシンポジウム マイアミビーチ 2013

2013年BioHorizonsのグローバルシ ンポジウムが高級ホテルのフォン テンブロー・マイアミビーチホテル で開催されます。即時荷重、審美、組 織再生、インプラント合併症などの トピックを扱います。インプラント 歯科が立ち向かっている難題を幅 広く取り上げます。美しいリゾート で楽しい時間を過ごしながら最新 の治療についての知識を得る絶好 の機会です。フォンテンブロー・ホ テルでは目を見張るデザイン、現代 美術、音楽、ファッション、テクノロ ジーが一体となっており、素晴らし い経験ができることでしょう。マイ アミで皆さんにお会いすることを 楽しみにしています。

カクテル&ディナーパーテ ィー

4月27日(土) 7:00pm -10:00pm

3日間集中して学んだ後の記念パーティーは、参加者どうしでおしゃべりしながら友好を深め合う絶好の機会です。ホテルが提供する飲物・軽食を最高のおもてなしでお楽しみください。マイアミでお待ちしています!

プレ・シンポジウム

4月25日(木)

午前8:00から専門的に掘り下げた内容のセッションを下記の通り開催します。

・スペイン語のセッション。このセッションについては英語への通訳はありません。 - Dr.未定
・ソフトティッシュ移植:ハンズオン - Dr. Edward P. Allen
・診療を進化させる:変化という課題への対応 -Dr. Mark Setter
・デジタル・フロンティア - Dr. Natalie Wong
・3D画像とCT主導のインプラント手術 - Dr. Jay Reznick

メインプログラム

Day 1 ・ 4月25日(木)

抜歯窩の包括的マネジメント

1:30pm - 5:00pm

抜歯窩の管理方法および課題についてのディシジョンツリー(フローチャート)を様々な観点か ら提示する。頬側骨欠損や即時移植・即時埋入、即時負荷に対する治療計画およびマネジメント について、口腔顎顔面外科専門医の視点から発表する。

・Dr. Michael Pikos
・Dr. Bach Le
・Dr. Craig Misch
・Dr. Dan Spagnoll(座長)

Day 2 ・ 4月26日(金)

Laser-Lok リサーチの最新事情

8:00am - 12:00pm

Laser-Lokは唯一、実際に物理的に結合組織の付着を示すインプラントの表面処理である。歯科インプラントおよびアバットメントの表面に施した正確な細胞サイズのLaser-Lok技術についての最新のリサーチについて発表する。

・Dr. Jack Ricci
・Dr. Myron Nevins
・Dr. Hom-Lay Wang
・Dr. Michael Reddy
・Dr. Lyndon Cooper(座長)

インプラント歯周炎:
事実かフィクションか

1:00pm - 5:00pm

このセッションでは、インプラント歯周炎についての病因学、予防そして現在の治療を取り上げる。また、臨床研究や長期データで示されているインプラント周囲炎を制限するインプラントデザインならびに表面のテクノロジーの役割も提示する。

・Dr. Maurice Salama
・Dr. Kenneth A. Malament
・Dr. David Garber
・Dr. Frank Tuminelli(座長)

Laser-Lok リサーチの最新事情

8:00am - 12:00pm

インプラントで素晴らしい前歯部の審美を獲得することは、テクニック、テクノロジー両方においていまだに究極の難題であるが、外科および補綴テクノロジーが進化し、最新テクニックとのコンビネーションにより、患者に対する全く新しい標準的治療が可能になった。

・Dr. Frank Schwarz
・Dr. Cary Shapoff
・Dr. Gerhard Iglhaut
・Dr. Tomas Linkevicius
・Dr. Rodrigo Neiva(座長)

Day 3 ・4月27日(土)

組織再生とインプラント歯科における
合併症

8:00am - 12:00pm

このセッションでは外科的合併症、インプラントの軟組織マネジメント、オーバーデンチャーの条件を取り上げる。

・Dr. John Russo
・Dr. Marius Steigmann
・Dr. Justin Moody
・Dr. Edward P. Allen
・Dr. Alain Romanos
・Dr. Arthur Novaes(座長)

表面のテクノロジーとアバットメント
デザインを組み合わせて組織の安定を図る

8:00am - 12:00pm

治療計画、臨床上のテクニック、材料選択の基準など、理想的なインプラントの審美を獲得するためのアプローチを演者より紹介する。

・Dr. David Troncoso
・Dr. Sonia Leziy
・Dr. Brahm Miller
・Dr. Pedro Gazzotti
・Dr. Lewis Cummings

歯槽頂骨と骨縁上組織を維持するためのインプラントデザインの基準

1:00pm - 3:30pm

インプラントデザインの生物力学的および生物学的要因を含め、骨および軟組織喪失の病因学について発表し、プラットフォーム・マッチングvs.プラットフォーム・スイッチングの比較についても検討する。

・Dr. Sonia Leziy
・Dr. Carl Misch
講演は英語もしくはスペイン語(プレ・シンポジウムのセッションのみ)で行われ日本語への通訳はありません

ご登録について

専用用紙をダウンロードいただき、必要事項にご記入の上、下記番号までFAXにて送信してください。

登録表送付先:0800-700-9898 または 03-3238-7561