ブランドヒストリーHistory

+20 Years of innovation

history

Dr.カール・ミッシュとインプラントの共同開発

1997

エクスターナルインプラントの発売

3つの役割をする3inOneアバットメントが同梱されたインプラントシステム。

2004

インターナルインプラントの発売

エクスターナルインプラントと同じスクエアスレッドのインターナルインプラント。表面処理には数種類のタイプを採用。

Laser-Lok技術の確立

2007

テーパードインプラントの発売

カラー部にLaser-Lokを付与したバットレススレッドのテーパードインプラントを発売。ストレートタイプにもLaser-Lokを採用。

2010

Laser-Lok3.0インプラントの発売

直径3.0mmの小径インプラントにより、幅広い症例への対応が可能に。

2012

テーパードプラスインプラントの発売

プラットフォームスイッチングのデザインにすることにより、Laser-Lokゾーンを拡大。

Laser-Lokを付与したアバットメントの発売

細胞の付着を促すLaser-Lokテクノロジーをアバットメントにも採用。

特許技術「Laser-Lok」により
インプラントはここまで進化しました

最適なインプラント表面処理に関する開発から始まり、25年以上にわたる研究で得られた特許技術である「Laser-Lok」。
レーザーアブレーション技術によりインプラントカラー部周囲にエッチングされた精密な細胞サイズの溝であるLaser-Lokマイクロチャネルを形成し結合組織の付着を促します。